スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
さとがえり
yamamama
というと、私にとっては千葉ですが、実は本籍は石川県にあります。
分家してから数えで私が5代目らしいのですが、先日初めて知りました。
五代目の名。ほっ、妹にスルーパス。

今週の連休は石川県に家族で出向き、
墓参りや旧家、山の手入れ(ほんの少し)などをして参りました。

ご先祖さまから受け継いでいる山があって
うちではそこに植林をしています。
写真は、祖父と父とで山に入り植林した檜の枝打ちをしているところ。
祖父は齢91歳で山に入り、枝打ちします。俺に文句も言います。全く持って恐れ入ります。

植えてある檜は、かつて祖父が2000本植林し、最近間伐を終えたばかり。
気の長い話なのですが、
父と私で手入れし、私の子どもの代で、
きっと立派な檜になることでしょう。

もちろん、ちゃんとした材にするには、枝打ちは欠かせません。
節が穴になっちゃうからです。
定期的に手入れをしないと、すぐだめになっちゃうのが
里山。でも手入れをすれば最高です。

山での枝打ち作業は、大変ですがなかなか中毒のようなおもしろさがあります。
今回は良いノコを持って行ったので、ごりごり、ぽとん!と気持ち良いくらい切りやすく、
綺麗に仕上がりました。
すると、人間ってコンプリートしたくなるんですねー。
ずーっとやっていたくなるくらい、意外にも楽しかった。

とは言え、山(山肌の一部ね。)を全部やるのは大変で、
それを家族っていう少人数でやっていたものだから、
昔の人の労働量は計り知れません。
暗い時から暗くなるまで働く、
これが、ザ田舎ぐらし。(だそうです)

でも、たのしいよ!
だから、みんなでやろう!(うちの山の手入れ。)

ふにゃふにゃした服を着てロハスロハス言ってる子達を連れて
里山の手入れをツアーでやったら、
仕事ははかどるし、ロハれるし、理解も深まるし
意外に良いかもなぁ、と思う、さとがえりでした。


スポンサーサイト
ライブ関連 | 03:00:53 | Trackback(0) | Comments(5)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。