スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朗読会@新宿眼科画廊
新宿眼科画廊なんて名前の、おしゃれなアートスペースで、
かの有名な泥C(どろしー)さんという方の、
詩の朗読会に行ってきました。

えぇ、ただの詩じゃないですよ。
なんたって、泥Cさんです。

個人的によく知っている人ですが、
彼女は私のことを「つねよしさん」と呼んでくれます。
なぜ?知りません、そんなこと。とにかくそう呼んでくれるんです。
理由を考えることすら彼女の前ではどうでもよく、
むしろ、ちゃんちゃらおかしいわけです。

で、そんなアナーキーな彼女の今回の朗読は、
詩と尺八とのコラボでした。
すばらしすぎました。
えぇ、度肝を抜きました。久々に。

その朗読は、人間の魂をさらけ出し昇華させ、
超スピードかと思いきや、
ゆっくりと同じ所をぐるぐるうねる
人の煩悩と本能と寂しさと曲がりくねった真っ直ぐな愛が
そこにはありました。

ありがとう。超楽しかった。
もはや立派なオリジナリティを持った作品なので、
世界に繰り出せばいいのにと思ったが、
本人にはナイショ。

また行きます。


スポンサーサイト
日々の微ショック | 02:02:31 | Trackback(0) | Comments(0)
月島の住吉神社らへん
ojisantokodomo
おじさん、何釣ったの? 


「え、あ、メバル。」

ってことでした。 写真は、隅田川花火大会の日、
友人のFじ代くんと月島に行ったときに見つけた住吉神社。

水場があって、風情があって、なんだか不思議ないい所でした。
たまの下町歩きは、これだから困ります。


 そのほか最近は、8月23日の演奏に向けて、
一週間くらいかけて曲を書いておりました。

私は自転車に乗らないとイメージふくらまないので、
週末は、夕方から夜中の12時くらいまで、ずーっとチャリで町中を行ったり来たり。

それでも、今回は難産で、明け方まで鉛筆を持ったまま言葉をいじって、
それでもまだ出来なくて、
昨日も数時間、公民館のピアノに向かったまま、しっくり来なかったが
頭がちょろっと見えて

翌日の今日、すんなり仕上げられました。

明日から練習して、ちょっとずつ音楽にしていきます。
ここまでくると、たのしい。
あんなに苦しかったのに。これだから困ります。

ちなみに、住吉神社はここです。
超暇だったらどうぞ。もんじゃもおいしいですよ。


大きな地図で見る

日々の微ショック | 01:40:29 | Trackback(0) | Comments(2)
情報屋
今日は、自分の研究対象業界の状況を把握するため、
アナリストという方とお話をした。

ほんわりと品が良くて、
すんなりと入ってくる話し方をする方だった。

程なくして、この雰囲気を出す顔に興味を持った。
眉毛と眉毛の間に、しわはなかった。
だが、眉毛の上に、ながーいシワがあった。

なぜそうめんのような長いシワがここに?、と思い彼の表情変化をウオッチしていたところ、
眉毛の動きが頻繁。
すごい頻繁。
ぐいぐい眉毛が動く。
そうめんも、ぐいぐいうごく

なるほど、表情豊かだ。話も入る。

おれも、そうめんの一本ぐらい身につけたいもんだ。

ちなみに、彼の情報はとてもよかった。
きちんと調べられた、良いデータだった。

正確な物を前にすると、
おじさんたちの適当な情報(意見っぽい物)は、
50%くらいのスタンスで聴きつつ、ちゃんと調べなきゃなぁ、と
強く感じた大手町の春。

日々の微ショック | 23:52:41 | Trackback(0) | Comments(2)
意識の妙
momo08


この写真、桃の花だが、
昔、としみつ少年がももを食べて
ぺっ、と土に返した種が成長した姿。
実家にて発見し、思わずぱちり。

生命とは、こんなにもたくましく、うつくしいものか。
そして、ももくいたいな。(やわらかもも)

・今日読んだ本の著者が、市民のCO2削減活動について
面白い考えを示していた。

「発電と思ってください」

なるほど、「削減」、というより何倍も快い。
給湯1℃、エアコン1℃低くすることが、発電。実際、エコ発電と同じ事かもしれない。

地球と自然と人の心を比べると、
人は一番単純だなぁ。

日々の微ショック | 23:57:25 | Trackback(0) | Comments(4)
ふぐさし@しものせき
食べた。下関にて。
huguchiri


写真に撮ることも忘れるほど驚愕だったのは、ふぐの天ぷら。
したたる肉汁、濃厚なこくと、うまみ。なのにさっぱり。
こりゃすごい。
小学校の給食で出たら大変だ。(血を見る)


huguitasan



僕らを担当してくれ板さんは、素敵な青年で、
他愛のない質問にも、笑顔で答えてくれた。

河豚は体の構造が普通の魚と違うことや、
板前になるには特別な修行がいること。

また、「ふぐ刺しは、ある程度厚めの方がおいしいんですよ。」
と、にっこり。
さばいてから少し寝かすと、身が堅くならないため
良いタイミングで厚めに切って、うまみも味わうのが一番うまいそうだ。

こういう粋な理由を教えてもらえると、
食べ終わった後なのに、うまみが何倍にもふくれあがるのがわかる。


(ふぐだけに)

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

日々の微ショック | 23:22:44 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。